自動車事故などを少しでも防止するためのお茶

2012-10-30

車を運転する時には、お茶などの飲み物はつきものですよね。

運転していると、集中力を使いますから、喉も良く渇きますし、

疲れもたまってくるものです。

そんな時に、ほっとできるお茶の存在は、運転の大切なお伴になってくるのです。

車はどんなにいいわけをしても、鉄の塊がスピードを出して走っている

凶器でもあります。

人が当たれば重大な事故を引き起こしますし、

建造物を破壊できるぐらいの力も持っています。

そのため、事故を起こさないように心がけることは、

とても大切な行為になってくるわけです。

交通事故は、車の台数とともに、相対的に増えてしまいます。

群馬の交通事故などに代表されるように、

車が増えれば事故の件数も増えてしまうわけです。

緑茶の中にはカフェインが入っています。

カフェインには覚せい効果があることが知られていますが、

眠気を覚まししゃきっとさせてくれるわけです。

車の運転をしていると、集中し過ぎている結果、

脳に酸素が供給されにくくなり、眠気を催したりしてきます。

当然疲れもあるでしょう。

そんな時に、暖かいお茶などを飲むと、カフェインなどの効果のほか、

緊張をほぐしリラックスさせてくれたりもするのです。

事故は大変怖いものです。

様々な手段を講じて、自動車と安全に過ごしていきたいものです。

 

 

Copyright(c) 健康のためにお茶はこう飲もう All Rights Reserved.