眠さから起きる交通事故のリスクとカフェインの効果

2012-11-20

お茶というものの中には、カフェインなどを含んでいるものがあります。

簡単にお茶といってもかなりの種類があり、ノンカフェインのものも当然ありますが、

緑茶や紅茶などの主要なお茶には入っているものと考えるべきです。

このカフェインには、覚醒効果があることから、

運転などのお伴として飲まれている方も多くいらっしゃいます。

ところが、実際に飲んでみても眠くなってしまった何って人は多くいます。

緑茶などに含まれているカフェインには、確かに覚せい効果があるのですが、

そこまで強い効果があるわけではないのです。

ですから、少々眠い場合には十分な効果を発揮するのですが、

あまりにも疲労などがひどく眠くなってきた場合には、

効果が出ないこともあるわけです。

そういった時にはできるだけ早く車を止めて、休息を取ることが重要になってきます。

大丈夫などと思う心の隙間が事故を呼び寄せたりするのは、とてもよくある話ですから。

事故を起こしてしまえば、多くの補償問題を抱えることになります。

保険をかけていても、上限を叩いてしまうこともあります。

現在の保険では、交通事故に弁護士を頼めるオプションが付くものもあります。

あくまでも任意ではありますが、ほとんどの事故の場合に弁護士がいたら

スムーズに解決することはたくさんあるのです。

カフェインよりも大切な要素になってくるものなのです。

 

 

Copyright(c) 健康のためにお茶はこう飲もう All Rights Reserved.