手軽さ、本格派

2012-12-05

お茶を飲むことでダイエット効果をうたったり、
健康をうたったりするケースは最近では多くなってきており、
現代の日本人において、お茶は実に欠かせないものとなってきています。
コンビニなどに売られている商品では、
ホット専用、クール専用といったものも出てきており、市場が激化しています。
田舎暮らしをしていると、縁側でお茶を飲むようなイメージが似合いそうですが、
都会のビジネスマンがお昼時にマイボトルでお茶を飲むスタイルというのも
すでに定番のスタイルになりつつあります。
飲みきりサイズのペットボトルのお茶は手軽ではありますが、
大き目のものに比べれば割高感は高いでしょう。

エコを意識している人が増えていることでマイボトル、
いわゆる水筒を携帯する人が増えているのです。
これならば家で大容量のものを水筒に移し変えることで、
安上がりに済ませることも出来るわけです。
もちろん、従来のように急須で入れるタイプのお茶も健在です。
手軽さという点から言えばペットボトル飲料にはかないませんが、
これはコーヒーと同じように考えれば良いでしょう。
コーヒーも豆を挽いておとして・・・となれば手間ですが、
缶コーヒーは手軽です。
いずれもそれにしかできない良いところというものがあるわけで、
手軽さ、本格派、どちらを優先するかによって
飲み方をかえるのが望ましいといえます。

Copyright(c) 健康のためにお茶はこう飲もう All Rights Reserved.