体を冷やすお茶、あたためるお茶

2013-01-07

寒さが気になる季節になってくると、飲料にも変化が見えてくるものです。

夏場は水分や塩分補給もかねたスポーツドリンクのような飲料水が多く消費されますが、

冬は体の温まる飲み物が人気となります。

お茶の場合はどちらの季節にも消費されますが、

冷たくして飲むか、温かくして飲むかが大きな違いです。

また、温かくして飲んだからといっても体が必ず温まるわけではなく、

場合によってはホットでも体を冷やしてしまう飲み物も存在します。

特にコーヒーや緑茶は、ホットでも体を冷やしてしまう飲み物といわれています。

基本的に暖かい地域で収穫される原料をもとにして作られている飲み物は、

体を冷やす効果があるわけです。

逆に比較的寒冷地で育った原料をもとにして作られている飲み物は、

体を温めやすくしてくれます。

これに該当するのが、紅茶や生姜湯、ウーロン茶なのです。

最近では機密性の高い住宅が増えていますから、家の中でもそれほど

防寒対策をしなくても大丈夫なケースが増えています。

しかし田舎暮らし物件などは、古い建築技術によって作られているものもあり、

寒さが身にしみることもあります。

本格的な寒い時期が来る前にリフォームをするのが良いですが、

それができない場合には、体が温まるお茶を常備して飲むのが良いでしょう。

体の冷えは体調すべてに悪影響を及ぼしますから、出来るだけ控えることが望ましいといえます。

 

 

 

 

 

 

Copyright(c) 健康のためにお茶はこう飲もう All Rights Reserved.