神奈川でも薬剤師の求人で見られる年収の安い理由

2012-07-30

神奈川は国内有数の巨大都市でもあります。
国内最大の中華街を持ち、大きな貿易港を持ち、東京への交通網も整備された県になります。
人口が多いというのは、様々な問題を孕んでいます。
一つは医療に関しての問題になります。
人が多ければ、それだけに患者の数も増えてきます。

昨今、問題になっているのが医療従事者の深刻な人手不足。
看護師をはじめ、神奈川などの首都圏での薬剤師の求人は多く人手不足が深刻な社会問題にもなっています。
理由の一つは過酷な労働環境にありますが、更に深刻なのが労働に見合った対価が支払われていないと言う問題にあります。
看護師や薬剤師は薄給という話を聞いたことのある方もいるかもしれませんが、事実、重労働である業務に見合った給料であるかと聞かれれば疑問視するより他にありません。

平均的な薬剤師の年収は約520万程度であると言う報告もあります。
平均年齢が30代後半であるのに対し、この年収は決して多いとは言えないものでしょう。
十分な報酬が支払われなければ、希望者が少なくなると言うのも納得のいく話でもあります。
同様に看護師の年収も低いものになっていますから、医療従事者の人手不足を解消するのであれば、労働条件の問題を解決した上で求人を行わなければいけません。

Copyright(c) 健康のためにお茶はこう飲もう All Rights Reserved.