お茶代はどこから?

2013-01-12

ダイエットのためにも健康志向のお茶を摂取したい・・・と考えている人は多いことでしょう。

最近では色々なメーカーから健康志向タイプのお茶が出ていますから、

どれを買おうか迷ってしまうものです。

特にこれらのお茶は価格が高めですから、日々摂取するものなら

なるべく安いほうが良いと考えてしまうものです。

たとえば毎日1リットル摂取するとなれば、出費もそれなりになるでしょう。

ただ、一定量を必ず摂取するのが良いのかといえば、そうとも限らないようです。

油っぽいものを食べたときに併用するのがいいということであれば、

普段の食生活に気をつけていれば、お茶の摂取量も減ることでしょう。

運動量を増やし、食事もなるべくカロリーの低いものを選び、

お酒の量もへらしていけば、徐々に痩せやすい体になっていくはずです。

そうすればお茶のための出費も減りますから、まさに一石二鳥といえるわけです。

お茶の金額が高いということなら、他のところで

その費用を捻出すれば良いということです。

その場合も、まったく別のところから用意するのではなく、

関連する出費から用意するのが望ましいでしょう。

たとえばウィッグが欲しいなら、シャンプーの価格を抑えてみるのと同じです。

お茶は飲料水代や酒代、食費から捻出すれば、

それほど家計に大きな負担をかけることもなくなるわけです。

 

 

 

 

Copyright(c) 健康のためにお茶はこう飲もう All Rights Reserved.