私の便の観察日記

2013-12-30

便秘に良い、と言われているお茶を飲み始めました。
あまり期待をしていませんでしたが効果があったのでその様子を綴ります。

お茶を飲んだ日。
お茶を飲んだばかりなので効果が現れるはずもなく、一応便は出たのですが、
肛門を必死にこじあけて真っ黒でカラカラのうさぎの糞のような便が出ただけでした。

お茶を飲んだ翌日。
昼間に寒気がし、なんだろうと思ったら便意でした。
下痢をする時に近い便意であり、トイレに行って少し腹に力を入れてみたら
どぷどぷ、といった音で太くて柔らかい便がどどどっと出てきました。
色は下痢色の明るい、おうど色でした。
この効果には歓喜の涙が出そうでした。

二日目。お茶は初回よりも多く、濃く飲みました。
前の日ほどは出ませんでした。
便意を催しトイレに行き、肛門が切れない程度に軽く腹部に力を入れると、
ゆっくりとまとまった便が出てきました。
色は柔らかそうな色ではなく、こげ茶であり普通の便かな、と思いました。
下痢便とまでは行きませんでしたが、毎日太くて健康な便が出ることに喜びました。

今ではそのような便が毎日のように出ています。
少しお茶を飲まないでいると、出なくなるのですが久々に飲むと
刺激的なようで、どぷどぷっと便が出てくれます。
便秘解消法でお茶は効果があるみたいです。

Copyright(c) 健康のためにお茶はこう飲もう All Rights Reserved.