Archive for the ‘お茶の歴史’ Category

まずは、お茶から健康・美容を始めませんか

2012-05-15

みなさんは、お茶は好きですか?ひとえにお茶といっても色々ありますよね!

ちょっと、私なりにお茶を調べてみました。やはりお茶といえば起源は中国でした。神話が基になっていて、三国時代の天地開闢説による伝説が茶の始まりと言われているそうです。これがすごくて、紀元前2700年ころらしく良くそんな記録が残っていたもんだとそちらを感心してしまいました。

小川のほとりで清水をくみ小さな火鉢の上でお湯を沸かしたところに、突然そよ風が吹いてきて小さな木から三枚の葉が舞い落ちて釜の中に入って、それが沸騰されると次第に芳香を放ち始めて釜の中が美しいすい色になったそうです。これを飲んでみたところ薫り高く味も美味しく調べたところ茶の木の葉だったそうです。

インドにはまた別の逸話があって、少林寺へ座禅修行にこもった僧侶がある日座禅中に凄い眠気が襲ってきて自らのまぶたを切り取って捨てたところの土に1本の木が生えて、見る見るうちに青い葉が茂るようになったそうです。この葉をちぎって食べてみると眠気が覚めたことからこの葉が茶の葉となったと言われているそうです。

まっ、どちらにしても伝説の域を超えていないので何とも分からないのですが場所はどちらも中国なので、始まりの国はやはり中国かと思われます。お茶は昔から不老長寿の薬としても扱われてきた経緯があり秘薬ともされていたそうです。文献らしきものが現れるのは三国志の中で製造から飲み方までしっかり記載されているそうです。

その後、中国を中心としてヨーロッパや日本やモンゴルなどへ広まったとのことでした。

この様に日本人にはお茶は切っても切れない物になっています。上記のようにお茶は古来より健康のために飲まれてきていたことは、お分かりいただけたと思います。

やはり、お茶は体を温めるために飲まれてきていることも分かります。日本には夏などは冷やしてお茶を飲む風習もありますが、本来温めるか温めにして飲むほうが望ましいと思います。中国人は氷を入れて飲むことをしている人は、あまり見かけません。

やはり体を温めるという意識が自然とあるからでしょう。体を温めることにより血流も良くなり健康維持や美容維持にも役立つのも理解できますよね。さらにダイエットをするならなお更です。みなさんもお茶は出来るだけ冷やさずに温かめにして飲むことをお薦めします。

Copyright(c) 健康のためにお茶はこう飲もう All Rights Reserved.