視力の悪化と健康について

私は、メガネかコンタクトレンズを装置していないとほとんどのものがぼんやりしてしまって見えないくらいの近眼です。少し乱視も入っていると思います(乱視の矯正はしていません)。


友人がレーシックの手術を受けて、メガネなしで生活できるようになった、とすごく喜んでいたのを覚えています。

しかし、その後もパソコンばかり見ていたり、目にとって悪い生活習慣が改まらない限りは、また視力が落ちるらしいことがその友人の話でわかってきました。

レーシックの手術を受けて数年して、また少し視力が落ちてきたようだ、と友人は話していました。

さらには、レーシックは近眼には効果を発揮するけれど、老眼には効力はない、とも聞いたことがあります。

近眼を良くするためにレーシック手術を受け、メガネ生活から解放されたと思ったのに、しばらくして老眼鏡をかけなければならなくなった、という笑えない話もあります。


そういう話を聞いていて、レーシックの手術自体も健康保険が使えなくて高い
レーシック費用を払わなくてはならないのであれば、レーシック手術を受けることも正直躊躇してしまいます。

メガネをかけても全く見えないようならレーシック手術も考えますが、メガネやコンタクトレンズで対応可能なうちは特にレーシック手術をしなくても良いかな、と私は考えています。

今も愛用、超音波の美顔器。

私は、フォワードというメーカーのフェイシャルソニックを使用して5年程経ちます。短時間の使用でその効果がわかるので今も愛用しています。
けれども、いま友人の勧めでまた新たな美顔器ミニキュアが気になる存在です。

ですが、今使用している超音波の美顔器で、30万程の品物でした。なかなかすぐに次のものへとはいかないのは仕方がないですね。

超音波とは、人間の耳では聞く事のできない自然界に存在する音の振動です。
美顔器だけでなく様々な分野で使用されていて、メガネ屋さんの洗浄機や、病院の超音波診断機、魚群探知機、加湿器、医療では腰痛や肩こり、神経痛の軽減等にも使用されています。

人体にも無害で安全なものです。

美顔器では、一秒間に100万回の振動を肌に与え、肌の最深部から細胞を活性化し蘇らせます。
様々な効果があるのですが、私の実感として最も優れているのは、リフティング効果だと思います。
専用のアクアジェリーという透明のジェルでマッサージをするのですが、わずか3分程で目に見えてシャープになります。

なので、むくみをすぐに解消したい場合は即効性があるのでとても重宝します。

後は、新陳代謝の働きが良くなるので、メラニンを排泄し美白効果が上がります。

又超音波の気泡が、毛穴の中の余分な汚れや脂肪を掻きだしてくれるので、洗浄やピーリング効果にも優れています。

美容の基本は、化粧品等を使ってお肌に何かを入れるという事ではなく、老廃物を出してリフレッシュする事が重要だと思います。

顔のむくみがすっきり!タイ古式マッサージを体験。

タイ古式マッサージを体験したことがありますか?

イメージは、「バキバキッ」とか、「ボキボキッ」とやられる感じで少しこわいと思っている方も多いと思います。

しかし、実際はそうではないんです。私は目黒のタイ古式マッサージによく通っています。

通常タイ古式マッサージでは、背中を反り返らせる時は、「ボキッ」となるかもしれません。

でも、全体を通して手のひらや腕で押していく、という感じなのです。
体の血行がよくなり、終わった後は体が本当に軽くなります。

まず、足を洗ってくれます。
人に足の裏を触られることってありませんから、それだけでも気持ちいいです。

そのあと、楽な服に着替えて、始まります。
まず、マッサージ師さんが、手を合わせて拝む?ようにしていました。

なんだか私も「よろしくおねがいします」と気持ちが引きしまります。
そして、手のひらで押されたり、ひじを使って押されたり、時には体をねじらせたり(このときに音がなるかも)

そして、足もつかったりして施術されていきます。
マッサージ師さんは小柄な女性だったのですが、ちゃんと押されている感があって、気持ちよかったです。

全然いたくありませんでした。

ポイントではなく、全身のマッサージなので、体全体の血行がよくなり、老廃物を出すことができるそうです。

終わった後は、肩や、足がすっきり、顔のむくみもとれました。

お茶代はどこから?

ダイエットのためにも健康志向のお茶を摂取したい・・・と考えている人は多いことでしょう。

最近では色々なメーカーから健康志向タイプのお茶が出ていますから、

どれを買おうか迷ってしまうものです。

特にこれらのお茶は価格が高めですから、日々摂取するものなら

なるべく安いほうが良いと考えてしまうものです。

たとえば毎日1リットル摂取するとなれば、出費もそれなりになるでしょう。

ただ、一定量を必ず摂取するのが良いのかといえば、そうとも限らないようです。

油っぽいものを食べたときに併用するのがいいということであれば、

普段の食生活に気をつけていれば、お茶の摂取量も減ることでしょう。

運動量を増やし、食事もなるべくカロリーの低いものを選び、

お酒の量もへらしていけば、徐々に痩せやすい体になっていくはずです。

そうすればお茶のための出費も減りますから、まさに一石二鳥といえるわけです。

お茶の金額が高いということなら、他のところで

その費用を捻出すれば良いということです。

その場合も、まったく別のところから用意するのではなく、

関連する出費から用意するのが望ましいでしょう。

たとえばウィッグが欲しいなら、シャンプーの価格を抑えてみるのと同じです。

お茶は飲料水代や酒代、食費から捻出すれば、

それほど家計に大きな負担をかけることもなくなるわけです。

 

 

 

 

体を冷やすお茶、あたためるお茶

寒さが気になる季節になってくると、飲料にも変化が見えてくるものです。

夏場は水分や塩分補給もかねたスポーツドリンクのような飲料水が多く消費されますが、

冬は体の温まる飲み物が人気となります。

お茶の場合はどちらの季節にも消費されますが、

冷たくして飲むか、温かくして飲むかが大きな違いです。

また、温かくして飲んだからといっても体が必ず温まるわけではなく、

場合によってはホットでも体を冷やしてしまう飲み物も存在します。

特にコーヒーや緑茶は、ホットでも体を冷やしてしまう飲み物といわれています。

基本的に暖かい地域で収穫される原料をもとにして作られている飲み物は、

体を冷やす効果があるわけです。

逆に比較的寒冷地で育った原料をもとにして作られている飲み物は、

体を温めやすくしてくれます。

これに該当するのが、紅茶や生姜湯、ウーロン茶なのです。

最近では機密性の高い住宅が増えていますから、家の中でもそれほど

防寒対策をしなくても大丈夫なケースが増えています。

しかし田舎暮らし物件などは、古い建築技術によって作られているものもあり、

寒さが身にしみることもあります。

本格的な寒い時期が来る前にリフォームをするのが良いですが、

それができない場合には、体が温まるお茶を常備して飲むのが良いでしょう。

体の冷えは体調すべてに悪影響を及ぼしますから、出来るだけ控えることが望ましいといえます。

 

 

 

 

 

 

お茶で栄養を補給するのであれば

お茶というと最近はペットボトルのものを飲む方というのが増えてきているようですね。

自らお茶を入れなくてもスーパーやコンビニなどを訪れれば

手軽にお茶を飲むことができるようになりました。

麦茶や緑茶といった種類も豊富な上に

ペットボトルに入っているということから

ソファなどに座り込みながらも

飲むことができるというのが大きな特徴であります。

ただし、栄養という点では通常のお茶には劣ってしまうようです。

もともとペットボトルのお茶自身の原価というのはとても安いものなんですね。

このため栄養分を期待するのであれば通常のお茶を使用するべきです。

勿論市販されているお茶を飲むのも良いでしょう。

パックなどに入ったお茶でも十分な栄養分を摂取することができます。

また、葉入りのお茶などを飲めばより高い効果を得られることでしょう。

植物の葉にはミネラルや鉄分などの豊富な栄養素が入っています。

それに加えてお茶そのものの栄養分を吸収することができる訳ですから

一度に大量の栄養を得ることができるというのが分かりますでしょう。

飲料目的であるならばペットボトルのお茶でも十分ですが、

健康を保つために利用するのであれば多少の手間がかかっても

自分でつくったお茶を飲むのが効果的です。

 

 

 

 

 

 

健康お茶は肉とセットで!

銀座で焼肉を食べるのであれば、健康志向のお茶を摂取するのが良いでしょう。

事前に飲むことで効果が得られるものもあれば、お肉と一緒に摂取するのがいいもの、
食後に飲むのがいいものとさまざまです。
食事中はお酒を飲みたいという人も多いでしょうから、
食前か食後に飲むことが出来ればかなり楽ではあるでしょう。
実際に、この手のお茶のコマーシャルなどには焼肉が一緒に登場するケースが多いものです。
それだけ肉食文化がすすんでおり、それと同時に
焼肉を食べたときの自身への後悔のようなものも感じているのでしょう。
ただ食に対して貪欲なのはある意味生き物の本能ともいえますから、
ごくごく普通の行動でもあるのです。
健康を考えれば食べすぎは禁物とわかっていても、
美味しいものはついつい食が進んでしまうものです。
そういったことを多くの人が経験しているからこそ、
コマーシャルで焼肉が使われることが多く、またこの手の
健康志向のお茶も売れ行きが増すわけです。
実施にどの程度の効果が得られるかは人によって異なるでしょう。
しかしそれだけ焼肉=高カロリーフードというイメージが強いのかもしれません。
そのため健康を気づかうのであれば、お肉を食べるときは
お茶をセットにするイメージを頭の中に叩き込んでおくといいでしょう。

手軽さ、本格派

お茶を飲むことでダイエット効果をうたったり、
健康をうたったりするケースは最近では多くなってきており、
現代の日本人において、お茶は実に欠かせないものとなってきています。
コンビニなどに売られている商品では、
ホット専用、クール専用といったものも出てきており、市場が激化しています。
田舎暮らしをしていると、縁側でお茶を飲むようなイメージが似合いそうですが、
都会のビジネスマンがお昼時にマイボトルでお茶を飲むスタイルというのも
すでに定番のスタイルになりつつあります。
飲みきりサイズのペットボトルのお茶は手軽ではありますが、
大き目のものに比べれば割高感は高いでしょう。

エコを意識している人が増えていることでマイボトル、
いわゆる水筒を携帯する人が増えているのです。
これならば家で大容量のものを水筒に移し変えることで、
安上がりに済ませることも出来るわけです。
もちろん、従来のように急須で入れるタイプのお茶も健在です。
手軽さという点から言えばペットボトル飲料にはかないませんが、
これはコーヒーと同じように考えれば良いでしょう。
コーヒーも豆を挽いておとして・・・となれば手間ですが、
缶コーヒーは手軽です。
いずれもそれにしかできない良いところというものがあるわけで、
手軽さ、本格派、どちらを優先するかによって
飲み方をかえるのが望ましいといえます。

体型維持は本人次第

相続を群馬で行っている人などは、自分の体型が遺伝的なものだと
考えていることもあるかもしれません。
たしかに遺伝的に影響しやすい部分もありますが、ほとんどの人が
努力次第で太ったり痩せたりすることはできることでしょう。
もちろんその努力を怠れば、本来の体型に戻ってしまいますから
後は自分でどの程度頑張ることができるかにかかっています。
太ったり痩せたりすることに一番影響しているのが食事です。
その食事をどれだけバランスよく摂れているかによって、
体型はバランスよくなっていくのです。

体型や体質は人によってことなりますから、食事内容を微妙に
変えなければいけないでしょう。
あとは、その食事を効率よく消化することも大切です。
食事だけを気遣えばいいというわけではなく、
適度な運動、ストレスのない環境なども重要です。
たとえば、健康を考慮したお茶を摂取しているのになかなか痩せない・・・
と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
その場合は、日ごろの食事内容や自分の今おかれている環境などを
あらためて確認してみましょう。

もし毎日焼肉でカロリーオーバーしている状況ともなれば
健康を考慮したお茶を摂取してもほとんど変化がないはずです。
健康の維持には日々の生活のバランスが大事になってきます。
しかしすべてをお手本どおりにこなすということは、
予想以上に難しいことなのです。

 

美容室での待ち時間に飲みたいもの

待ち時間が長い美容室の場合は、場合によっては
ドリンクのサービスがあることもあります。
また、カラーやパーマなどは多少時間を置かなければいけませんから、
その間にドリンクやお菓子が出されることも多いのです。

良くある飲み物としては、コーヒーや紅茶、あとは女性が好みそうなココア、
暑い夏などは良く冷えた緑茶や麦茶などが出されることもあります。
場所によっては待合室に
ドリンクコーナーが設置されており
自由に飲めるスタイルと
なっているようなこともあります。
こういったサービスは、
稲田堤の美容室だけでなく
全国的に見られるものですから、
ドリンクサービスをあてにして
利用する美容室を選んでみるのも
面白いかもしれません。
コーヒーや紅茶が苦手な人の場合は、ウーロン茶などの
お茶のほうがいいでしょう。
これらも美容室に用意されていることが多いものです。
さすがに健康志向のお茶の場合は少し値段が高めですから、
美容室では用意していないかもしれません。
しかしリラックス効果を高めるようなハーブティーなどが
提供されることもありますから、
それもひとつの健康を意識したお茶として楽しんでみるのも良いでしょう。

こういった場所でマイドリンクを飲む人は少ないかもしれませんが、
健康を意識したドリンクを携帯している旨を事前に店側に伝えれば
飲むことも出来るでしょう。